子供ができない原因や理由について書いています

子供ができない

子供ができない原因や理由016 >

子供ができない原因と対処方法子供


子供ができない原因と対処方法

子供ができない原因はさまざまですが、これらの状態は総じて不妊と呼ばれます。

原因としては、女性側にあるケースや男性側にあるケースがあり、一般に不妊症と呼ばれるものは女性のものが対象になります。

一方で男性の不妊症は男性不妊症とも呼ばれ、またそもそも性交渉が正常に出来ない状態は性機能障害とも呼ばれます。



子供ができない女性側の原因としては性分化異常や疾患による不妊があります。

性分化異常は機能的に妊娠が困難または妊娠を継続できないものが中心になり、治療が困難なケースがほとんどです。

一方で疾患による不妊は、排卵、受精、受精卵の輸送および着床といった妊娠のためのプロセスのうちどれかひとつが障害が起こることで発生します。

特にこれらのケースでは妊娠しないだけなく、子宮外妊娠などを引き起こすため注意が必要です。

なお、女性の場合には妊娠に適した卵子の製造の上限があり、年齢が高くなればなるほど妊娠しにくくなります。

そのため、最終的には女性は不妊症になるとされています。


一方で男性側の原因として考えられるのが、精子の形成や成熟できない造精機能障害と、精子の輸送経路が障害される精路通過障害などのほか、精嚢や前立腺の炎症や、そもそも正常な性交が出来ない、射精できないといった性機能障害があります。

このうちもっとも多いのが造精機能障害で、7割から8割が占めているとされています。



いずれにしても避妊をしない通常の性生活を行っており、12ヶ月以上経っても妊娠しない場合には不妊症である可能性が考えられます。

この場合の対処方法としては医療機関で検査を受け異常がないか調べてもらうことが重要になります。

医療機関での診断については、健康調査のほか血液分析によるホルモン量や男性の精液の調査などが行われます。

男性の場合には検査内容としては、比較的容易で精液を検査することで、精子の運動性不足や貧精子症、無精子症などを判断することができます。

またこれらが正常にも関わらず、妊娠に至らないケースでは遺伝子上の問題が考えられ遺伝子検査も行われます。

一方で、女性の不妊症ではホルモン量の分析や女性生殖器の診断が行われます。

異常が見つかれば、治療を行い、また異常がない場合にはタイミング法を指導されることになります。



なお、治療を行った上でも妊娠に至らない場合には人工授精などが考えられますが、人工授精は自然な妊娠に比べてリスクがあるとされます。

また体外受精と呼ばれる方法もありますが、全くリスクがないとはいえないのが実情で、また治療費の負担が大きいといったデメリットがあります。



子供ができない、子供ができない、子供ができない、子供ができない、子供ができない、子供ができない、子供ができない、子供ができない、子供ができない、子供ができない、子供ができない、

メニュー

メニュー

Copyright © 2014 子供ができない原因や理由016 All rights reserved.
TOP